vivo daily standソムリエのワインブログ

東京23区内で展開するバルチェーンvivo daily standのソムリエ資格保有者による、ワインの紹介、ソムリエ対策に関するブログです。

カテゴリ: ひとりごと

早速更新が滞りまくっていてすみません。。。

初回で登場した中村です。

 
ソムリエメンバー1周して、満足してしまっていました。。。
良くないですね。

これからも更新していきますので引き続きお楽しみいただければ幸いです🙇‍♀️


さて、今年もソムリエ・ワインエキスパートの一次試験が無事終了しました。
世の中コロナで大変でしたが、
変わらず勉強に励んでいた方、本当にお疲れ様です。

そしてなんとおめでたいことに、
ビーボのスタッフの中から今年は3名も1次試験を通過しました!

おめでとうございます🎉


引き続き二次試験三次試験とあり、
モチベーションの維持がなかなか大変とは思いますが、無事合格し、年末くらいにこちらのブログで色々話してもらいたいなぁと思ってます。


そんな二次試験までもあとすこし。
ソムリエ二次試験といえばテイスティング。


みんなテイスティングの勉強ってどうやってるんでしょう?
"ひたすらワインを飲む"ということはきっと共通してみなさんされているかと、、

私も本当に試験直前まで混乱してました。
そして資格取得後もかなり苦手意識を持っていました。

が、ある時からなんとなく苦手意識がなくなり始めました。


いくつかのポイントはあったんだと思いますが、
すべて無視の法則(今名付けました)でワインを少しだけ捉えられるようになったような気がしています。


無視①
覚えやすいやつはこれだ!と思ったら他の教えは無視。
ここでいう教えは、参考書、テイスティング教わるソムリエなどあらゆる情報すべてです。
参考書ではこう書いてあったけど、テイスティングを教わったあのワインバーのソムリエはこんなこと言ってたなー。。とかよくありますよね。
その場合、しっくりくる方だけ自分の中にとどめておいて、あとは無視しました。
そうしてると自然と自分のテイスティングとの向き合い方・やり方が確立していった気がします。


無視②
一つの答えに一つの特徴以外は無視。
例えばニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。
ハーブ香・パッションフルーツ・グレープフルーツ・生き生きとした酸・・・
こんなの考え始めたら全部に当てはまるような気がしてきます。
なので私はとりあえず「パッションフルーツ」だけ大きく抑え、あとのワードはとりあえず無視。


無視③
どうしても理解できないものは無視。
「このワイン、一つも青さを感じないのに青さが特徴のあの品種なの!?」
みたいなことってよくありますよね。
いわゆるナチュールワインとか飲み始めたらもうそんなの考えてられないですし。。
というわけで、こんなことがあったらもちろん無視です。



適当に思いつくまま3つ挙げてみましたが、もっとあるかもしれません笑
でも、たくさんの情報の中から捨てるものは捨てて、ポイントポイントでワインを捉えていくと苦手意識が減り、テイスティングに挑みやすくなりました。
あ、ちなみにヴィンテージはハナッから無視しています笑



1次試験までは覚えるだけ覚えて、頭に詰め込めるだけ情報詰め込んで…ってやらないといけなかったうえに、最近のソムリエ試験は2次以降も論述などもあるため、なかなか切り捨てる能に切り替えるわけにはいかないとは思いますが、、

私と同じように今混乱してる方がきっとどこにいるかも、、そんな誰かに届けばいいなーとか思い書いてみました。


残り2週間ちょい
受験者のみなさま、がんばってください💪


A396FB08-916D-4FBE-8114-A080280AC404


こんにちは

松尾です。

子供のころ家の近所に駄菓子屋があり、お小遣いをジャンクなお菓子にかなり費やし、家もほぼかぎっ子だったので、私はジャンクな食材で育ったといっても過言ではないと思います。

そんなジャンクな私の社会人のスタートはホテルでした。
地元のホテルに調理として就職、約5年そこで調理の修行をしました。
当時のホテルはまだまだソースやフォン(フレンチの言うだし汁などですかね)をすべて手作りで仕込んでいました。

ブイヨンから始まり、ヒュメ(魚のだし汁)、フレンチの定番のフォン ド  ヴォーやデミグラスなど一通り実際造ることに携われた事は現代の業界ではほぼない事でとても貴重な体験だったと思います。
 
実際、多くの人手と労力、費用と時間をかけたこのソースやフォンはとても美味しく、ジャンクフードまみれの私にはただただ感激の美味しさでした。(労力を見ているからか、いまだに忘れられない思い出ですね)

現代は基本となるベースはほぼ既製品で手に入り、ある程度のコストはカットでき、少人数で作業を行えて非常に安定でもちろん美味しいし、完成度も高いと思います。
それはそれで美味しい!

でも、やはり当時すべて手作りで造った味は忘れられず、美味しかった、、

vivo店頭に立っているとたまにオーガニックやビオのワインのお話になります。
「やっぱりオーガニックやビオっていいですよね、美味しいですよね」なんてお話です。
確かに美味しい、個人的に体にすっと入って細胞の隅々まできれいに美味しさが伝わるようで、二日酔いにもなりにくそうな気がしますね (´▽`) 
なかには本当に感動的な味わいのものもありますね。

オーガニックやビオ、その他のワイン

私はいつもそのお話になると当時の手作りのあるソースの味わいを思い出します。

そう、マヨネーズです。

皆さんはマヨネーズの味って何を想像されますか?

私もそうですが、市販のマヨネーズですよね。(多分、、)
万能で美味しい、マヨネーズと言えばスーパーの店頭に置いてあるあのチューブのやつ

原材料は卵、酢、塩、油、以上。

実際手作りで造ってみると実にシンプルであのマヨネーズとは似ても似つかない味、完全に物足りない味わいですが、実はシンプルで味わい深さを感じます。(綺麗で、美味しい、体にすっとなじむ)

生の卵を使用しているので、常温で保管なんてまず無理です、すぐ腐ってしまいます。

スーパーに並んでいるマヨネーズは常温で保管されてますよね、状態変化の起こらない何かが、含まれているのです。旨味などの美味しさも強烈にふくまれています。

でも、とても美味しいですよね、添加物、、なんて忘れるぐらいに、、

ジャンクフード育ちの私にはある意味なじみ深く、現代的でむしろ好きな味わい




ワインもオーガニックやビオは手作り感、状態変化を押さえる添加物もその前の土壌ですら自然な状態をキープして作られていて本来の”ワイン”の味わいを味わえます。
(綺麗で美味しい、体にすっとなじみますね。)

一方その他のワインはスーパーのマヨネーズと一緒で、状態変化の起こらないなにか、味わいを助長する成分もはいっています。
聞こえは良くないかもしれませんが、
ある意味現代の私達にはこちらの方が受け入れられる味わいではないかと思います。
単純に美味しい。。
現代風に感動的なあじわいもあります。


オーガニックやビオの美味しさ、その他のワインの美味しさ、どちらも私にとっては正解だと思います。

いろいろあっていいと思います。
vivoではもちろんオーガニックやビオもリストにはいっている時があります。

特にそこには固執しなく、皆さんに気軽に飲んで頂き、いろいろ経験してもらえるといいなと思いながらワインを選んでいます。

オーガニックやビオ、その他のワインすべて美味しいと思っていただけると嬉しいです。

自然派と現代の味わい、どちらも正解なので、、

是非、vivoのワイン、味わってください。

美味しいよ (´▽`)


t01050105_0105010510847761929


こんにちは。大橋@ckです。いつもありがとうございます。

クアトロチェンテナリオというワインです。
これがなかったら、今の仕事をしていなかったかもしれないと思えるほど個人的には思い入れが強い一本です。

僕の"先生"と言いますか、ワインについていろいろ教えてくれた人がいまして、その方にいただいたのですが、当時は今以上にワインのことをわかっておらず、重い/軽い、甘い/辛いなど比較的単純な感想しか持ち得なかったところに、初めて微妙なニュアンスみたいなものを感じました。所謂"フィニス"というのでしょうか。この巡り合わせには今も感謝しています。

件の"先生"は、水泳がやたらお好きな方でした。(何故かはご本人に聞いたことはないのですが)。ワインにはお詳しく、「とにかく数」というお考えで、あまり一本をじっくり、というタイプではなかったですね。ただ、人間関係では人脈を拡げすぎる癖とその上、人を信じすぎるきらいがあり、それが元で後々面倒なことに巻き込まれ、危うく人生をダメにしかかることに。

一概にはいえませんが、確かにいろいろな種類、銘柄のワインを少しずつでも飲んでおいて、損はないんじゃないかなと思います。

人はその限りじゃないな。

こんにちは。

普段は大森店にいる鵜丹谷と申します。


ここのブログは、

ワインのことについてお伝えするブログなので、

何か話題はないかなと「ワインと音楽」と検索してみたところ、

一番最初にあった某会社の読み物を参考にして書いてみたいと思います。


その読み物には、

心理学者が考えた【音楽とワインの合わせ方】についての

研究内容が書いてあります。


一読してみると、その内容が「お前、暇か!」と言いたくなる位、

あまりに当たり前で下らなくて笑えてきますが、

気になる方は是非読んでみて下さい。


またその読み物には、

カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、シラー、メルローに合う音楽が書いてありましたが、

その音楽もまぁ何だかよく分からない、悪趣味なものが多かったので、

対抗して僕なりにその4種に合いそうな僕たちが作った著作権フリーの音楽を選んでみたいと思います。


【カベルネ・ソーヴィニヨン】
https://snowflakes1.bandcamp.com/album/sway

【シャルドネ】
https://snowflakes1.bandcamp.com/album/illuminated-songs-ep

【シラー】
https://snowflakes1.bandcamp.com/track/float-away

【メルロー】
https://snowflakes1.bandcamp.com/track/bonjour-delpy


どうすかね。

何回かサンプルでフルで聞けるので、聞いてみて下さい。

我々のバンド「Snowflakes」。

宜しくお願い致します。


a0098338192_16



あれ、ここってワインについて書くブログでしたっけ(ニヤリ)。

どうも
淡路町店のホーリーです!

なんやかんやでvivo系列店に3年いるわけですが
そのわりに今まで自己紹介は特にしていません!
いい機会なのでちょこっと

クラスに1人は似てる人がいる
と言われるくらい平均顔です!

しゅんしゅんクリニックP
に似ているそうです!

二言であらわすなら
『記憶力と多趣味』

大学2年で卒業できる単位がほぼ取れたので
3、4年はアルバイトに明け暮れ
お金が貯まったら海外に旅に出るという生活を!

20ヶ国は行きましたね!
今でも自慢しています!


サラリーマン時代に出張で全国を回り
色んな飲食店を巡った事が現在の原点です!

それから
昼はカフェ、夜はバー、夜中はクラブで
修行を積みました!

いくつも店を掛け持ちしてたんですが
代表的な店をいくつか紹介

三軒茶屋カフェ
(閉店してしまったようです)

mojo coffee
ニュージーランドで大人気のコーヒー屋
(日本から撤退したようです)

カフェ ハッピーアベニュー
http://cafehappyavenue.fc2web.com/
(大岡山に移転)

Hiro's bar
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13114125/



そんなこんなで
料理、コーヒー、焼き菓子、お酒を
一通り勉強させて貰いました!


そんな経験で感じた飲食とは
美味しいや不味いでは無く
『自分の好みを知る!!』
という事!


 グルメサイトの星は参考程度
自分の舌で、自分の好みを見つけましょう!

ワインもそうです!

普段飲まないような種類を
是非飲んでみて下さい !

当店では世界各国のワインを
常時10種類用意しています!

それもグラスで¥400~

かなり楽しめると思います!



参考までにワインに使われるブドウの種類達!!

コレでも一握り!!


では淡路町店でお待ちしております!
http://blog.livedoor.jp/vivodailystand3-awajicho/

アディオス

1CC4AE10-EB35-40D6-BF95-AA30EE6A70AF
※マンズワインさんより拝借させて頂きました

 


さっきうちの中村みゆきから連絡があって、ワインについてのブログを書いてほしいとのこと。休みで家に居たので、ならばと早速隣のスーパーに行ってワインを買って飲みながらダラダラ書くことにしました。

IMG_7570

家で飲む時はいつもこの足のないグラスを使います。気軽だし足のないずんぐりしたデザインが好きなので。足のあるリーデルとかあるけどホコリかぶってます。お店でもワイングラスの足を持たずにグラスの


家で飲むワインはいつも頂き物か隣のスーパーのものです。自分で買いません。セラーも、ほらストックが全然ありません。コーヒー豆のストッカーになってます。1本あるのはいただいた梅酒という何とも寂しい様子。
IMG_7571

以前は頑張って興味のある品種や作り手のワインや好きなブルゴーニュを買ってストックしたりして、ここぞという時に自分で料理して、セラーからワイン出して飲むとかやってたけど、やめました。

何か美味しくないんです。。。

いや、ワイン自体は間違いなく美味しい。でも杯が進まないんです。途中で「うーん、ビールに戻ろー」みたいになったりして。そうそう、ワインが良すぎて自分の料理や自分の部屋に合わないんです。ワインがトゥーマッチなんです。

うちのお気に入りのダイニングテーブル。
IMG_7567

そう、こんな環境で飲むワインは絶対テーブルワインでないといけない。合わないと気づいてから、美味しすぎるワインを買うのをやめました。

自宅では、ラングドックのテーブルワインかイタリアワインの1000円くらいのものを飲むのが好きです。

外でワインを飲むのはコース料理のあるレストランがいいですね。あまりペアリング考えずに、好きなアルザスリースリング、ロワールシュナンブランかソーヴィニヨンブラン、ブルゴーニュのシャルドネとピノノワール、イタリアの軽快なワインを飲みます。スペインも新世界とかもは全く飲まない。

やっぱりレストランが好きですね。今レストランって言わないのかな?先日レストランが好きってお客さんに言ったら、「昭和か!」って突っ込まれましたけど、そういうもんですかね?
最近は何て呼ぶんだろう?フレンチやイタリアンのコース料理を出すお店のこと。

コース料理が好きなんです。選んだり注文したくないんです。食べるスピードに合わせてワインや料理が他人からサーブされる心地よさったらないです。

「何か飲まれますか?」って促されるのもホント嫌。分かっとるっちゅーねん。飲むに決まっとるっちゅーねんみたいな。

前に『バーテンダーが明かす。客に言いたくても言えない12のこと』という記事がありました。その12のうちの1つ。
FullSizeRender


これそのまま返します。「分かってる、次に言うから。」「あなたがしばらく待ってることは分かってる。まだ注文をしていないのには、ちゃんとした理由がある。僕は僕の頭の中にあるワインをちゃんとベストなタイミングで頼むから」外食のスタッフは間合いが大事かなーと常々思います。


ワインって本当に不思議なお酒です。
同じワインでもレストランで飲むのと自宅で飲むのと味が違って感じるわけですから。あんまり違うので、ワインを本気で味わって飲むのはレストランだけにしてます。街場のバルや家ではとにかく赤も白も軽めのテーブルワインが好きです。



あー、ダメだ。時間切れ。
中華食べに行かなきゃ。紹興酒飲みに。。

またダラダラと書きます。
何度も書いて良いのかな??



鈴木健太郎でした〜



皆さん、こんにちは。料理を担当している花本です。普段は東向島にあるセントラルキッチンにこもって、vivoデリを製造しているのですが…


一応、会社的にはワインも含め商品の責任者ということになっていまして… 今回は(半ば強制的に!)ワインブログ書かせていただきます。ブログを書くのは4年振りです。

皆さんどうぞよろしくお願いいたします。



さてワインについて… と言うことですが、そもそも皆さんはワインお好きですか?

私の場合は、正直よく分からないんですよね。 普段はビールばかり飲んでますから。
ただビールとワインを飲んだ時の酔い方? かなり違いますよね。

ワインを飲んで酔った時の方がなぜか幸せな気分になれる気がします。

(でもこれは数々の失敗を繰り返しワインの適量を把握した後に感じれる幸せ気分かもしれないですね… 笑)


ですから私は1人で飲む時はビール、誰かと一緒に飲むときはワインを選ぶことが多いです。後は食中酒としてはそのバリエーションからもワインが最適だと感じています。



ただ仕事上、好き嫌いというより実際にワインを選んで、お客さまである皆さんに提供する立場ですから… 一応ですね、ワインの勉強は結構しました。そしてたくさん飲みました。

おそらく日本で取得できる基本的なワインの資格は大体持っているかもしれません。(スタッフからは資格マニアと、たまにバカにされます… ←資格マニアって言葉、決して褒め言葉じゃないですよね、笑。)


FFB7F1F0-1214-4EDC-8858-942297766302





さて、そんな資格マニアの私がワイン資格を取りまくった後に達した結論は…


ワインは、

ワインとは!!



『美味しければいいんじゃない?』


です。



かなり誤解を招く表現でもありますが、まぁ取り敢えず飲んで美味しければ、それでいい気がします。 

ヴィンテージがどうだとか、温度がどうだとか、ブルゴーニュとかマリアージュとかポリフェノールとか酸化防止剤とか、

まぁ色々ありますよね。 なんか敷居の高いお酒イメージ。 偉そうぶってるお酒感。 知識のない人は飲んじゃいけない雰囲気。

そういった諸々もワインの魅力だとは思うんですが、私はあまり好きではありません。

だからビーボはその真逆を行ってる感じです。

ワインの気軽さ、楽しさ、自由さ。
そういったものを伝えたい。

いわばデイリーワイン道を追求していきたい。そう思っているわけです。



5BC0B335-EA99-42A1-8301-931E3ED99C2F



8A23908C-9ECD-46FA-8ACE-0E864EE8494F




昔こういったことがありました。今から15年くらい前になります。、私は当時フランスで料理の修行をしていたのですが、休みを利用してドイツを旅行したことがあります。

その時、フラッと立ち寄ったバーで白ワインをオーダーしたらなんとジョッキで出てきた!
しかもそれがむちゃくちゃ美味しかった!笑

ワインはこうあるべき… と言う考え方は、日本でワインが日常のお酒としてまだ認知されていない証拠かもしれないですね。 もっとワインは自由でいい気がします。



42E66CB7-8B16-4861-89F7-80A98AC8E8F0





ではでは、長々と取り止めのない文章で大変失礼いたしました。

vivo daily stand にいらっしゃったことがある方は、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

vivo daily standにまた行ったことがないとい方は、ぜひワイン1杯飲みにいらしてください。

これからも安くて美味しいデイリーワインを提供できるよう、日々精進してまいります。

ではまた機会がありましたら。





8AD95570-7A2A-4F5F-936E-CC217B224884


ジョッキ!!

↑このページのトップヘ