vivo daily standソムリエのワインブログ

東京23区内で展開するバルチェーンvivo daily standのソムリエ資格保有者による、ワインの紹介、ソムリエ対策に関するブログです。

カテゴリ: ワイン紹介

こんにちは 
大げさなタイトルですが、今日はイタリアを代表するキアンティについてお話をします。


B29614DB-8F0E-4D9C-8F13-5DEA642B520A
イタリア中部トスカーナ州西海岸沿いに広がる地域で、北部の山がちな地区をキアンティと呼びます。
キアンティ地区はアペニン山脈の麓の丘陵地帯、ピサ市とフィレンツェ市、シエナ市の間にあり
この地区は広い生産地域をカバーし、7小地区に分かれています。
主体となるブドウ品種はサンジョベーゼですが、ワインは少量の他の黒ブドウ(フランス、イタリア両原産種)とブレンドされる事が多く、大量にキアンティを造る生産者は地域内から広くブドウを調達し
・キアンティDOCGと表記します(広い生産地域が伺えます)
より高品質なキアンティDOCGワインは特定の小地区で生産され、その小地区をラベルに記載する事ができます。
・キアンティ ルフィナ 
・キアンティ コッリ セネージ
などは質の高さでよく知られています。

・キアンティ クラッシコDOCG
は独自のDOCGをもっていて栽培地はキアンティDOCGより標高が高く、サンジョベーゼの成熟が遅くなり、その結果、酸味が増し、ハーブの香りを強めたワインとなります。
また販売前に12ヶ月熟成させなければならず、
さらに
・キアンティ クラッシコ リゼルヴァ 
は24か月の熟成(内3か月は瓶熟成)させる必要があります。
・グラン セレツィオーネ
は最高水準で単一エステートを使用、30カ月間熟成させなければいけません。
(大半のワインは一定期間オークを使用して熟成されます)
ワインをリリースするまで時間がかかるという事ですね、
高価になるのはこういった事も原因の一つです。。

少し南下して、
同じサンジョベーゼ主体の栽培地。
北部より、標高が下がり、気候も温暖になります。
南西から吹く冷たい海風により気温が熱くなりすぎない土壌でもあります。
・ブルネッロ ディ モンタルチーノDOCG
・ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノDOCG
はこの地域で最も有名な呼称で、南のこの気候ゆえ、キアンティに比べ、より凝縮され、ボディも重厚になります。
・ブルネッロ ディ モンタルチーノ
はサンジョベーゼのみ使用、販売前に最長5年の熟成期間(内2年は樽熟成)を必要とし、イタリアでも最長の熟成規定となります。
・ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチャーノ
はサンジョベーゼと他指定品種のブレンドが許可されていて、最低2年熟成させなければならない。

リリースまでの時間が長く、また、ヴィンテージバラエティに対応すべく、それぞれ
・ロッソ ディ モンタルチーノDOC
・ロッソ ディ モンテプルチャーノ
と格下げしてワインをリリースする場合もあります。


沿岸地域
ここは比較的平坦な沿岸地域で高度ではなく、海風によって気温が低くなる地域です。
ここではボルドー原産の国際的な品種が広く栽培されていて、
・スーパータスカ
が最も有名なワインです。
イタリア地ブドウではなくカベルネソーヴィニオンで名声をうけDOCに該当しないにも関わらず素晴らしいワインの生産地として評判を再確立、イタリアワインに対する、国際的なイメージを変える事になりました。

トスカーナの多くの生産者はこの例にならい、国際的品種などを使用し、高品質のワインをつくっています。
多くはトスカーナIGTとして瓶詰されますが、比較的最近誕生した
・ボルゲリDOC
・マレッマ トスカーナDOC
どちらもカベルネソーヴィニオン メルロ― シラーといったイタリア原産以外のブドウだけでワインを造ることを認めています。

こうしてトスカーナを見てみると、地域性や時代の変化に応じてのワインの変化が見られます。

いろんなスタイルのトスカーナをご紹介しましたが
vivoでもキアンティはじめ、いろんなトスカーナを提案しています。
時代の移り変わりや地域性を思い浮かべながらワインを飲んでみては
よりトスカーナが身近に感じていただければ








こんにちは 
vivoでは人気アイテムとしていわゆる「陰干し系」と称するジャンルがあります。
その名の通り、収穫後のブドウを一定期間陰干しし、水分を抜き、より濃厚に造られるワインです。

その代表格となるワインが北イタリア ヴェネト州にあります。
「ヴァルポリチェッラ」
ヴェネト州ヴェローナの北西に位置するこの産地

9E913B94-DF3C-4C0A-AFE1-F32AA8879D7E

西にガルダ湖を有し、北の山麓丘陵地帯は石灰岩(水はけ良い土壌)と粘土(保湿性高く、土壌の温度が低い)と火山性(火山灰などの栄養価の低い土壌)のバラエティある土壌で地形の高度と相まってブドウの成熟が遅い地域となっています。
また、南の地域は砂利質と砂(水はけよく保温性に優れる)の土壌で暖かく、ブドウは果実風味が増し、酸味が低くなります。

ブドウ品種はコルヴィーナ種で、このブドウは果皮が薄く、中程度の色、低から中程度のタンニンと高い酸が特徴となります。

同じヴァルポリチェッラでも栽培地域によって表情が違うものができるのです。
それぞれの長所と短所を補うべく、このヴァルポリチェッラは様々な製法でリリースされています。

・ヴァルポリチェッラDOC
ブドウの特徴を補うよう(ワインの色とタンニンなどの補充)地元のブドウ品種をブレンドが許可されたワイン

・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ DOC
山麓の丘陵地帯で産出されるブドウで造るワイン
(クラッシコ:長年にわたり数多くの原産地呼称では、本来の生産地域の外側で新たなブドウ栽培ができる様、その境界が拡大されてきました、クラッシコという用語は元々格付けされていた、栽培地のブドウだけでワインが造られている事を示します。該当地域で産出される最上のワインが多く含まれます。傾向として、山間部の標高高い場所が多いのも特徴です。)
ここで栽培されるブドウは酸度が高くなる傾向があります。
ワインはタンニンが軽く、シンプルでフルーティーなものになり、レッドチェリーの風味を呈し、抜栓後すぐ飲めるよう造られています。樽などもあまり使われなく、品種の特徴がトップにきます。

・パッシート製法
骨格と風味の凝縮と色を強める為にこの地方で広く用いられています。
まだ、酸味が高いうちに(熟すと糖分が高まり、酸味が落ち着く)ブドウを収穫、室内で乾燥させ、糖分と風味を凝縮させる。冬になるまで発酵は行われない。

この製法はヴァルポリチェッラでは2種類に分かれます。

・アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラDOCG
(DOC:地理的境界とブドウ品種、生産方法の制限がある、DOCG:さらに生産地域で瓶詰、農業省の試飲審査を受けなければならない)
辛口またはオフドライ、フルボディ、アルコール度数が高く、タンニンは中程度から強く、極めて凝縮されたレッドベリーと香辛料の風味をもつ、また一般的にオークの大樽で熟成されます。
(オーク大樽で熟成すると樽からのニュアンスはあまりなく(ヴァニラやトースト、などの風味)
穏やかな空気との接触でワインの酸味が和らげます。)

・レチョート デッラ ヴァルポリチェッラDOCG
発酵が自然に止まるほど甘いブドウを使用(液体の糖分が高すぎるとと発酵酵母が活動を止めてしまったり、速度が落ちる。(ドイツの甘口など、アルコール度数が低いのもこの理由ですね))
この甘口ワインは赤系果実の強い風味を持ち、アルコール度数が高く(発酵に非常に時間がかかる)フルボディで、タンニンは中程度から多くなります。

※同地域ソアーベでは同じ方法で甘口の白も造られています。(レチョート ディ ソアーベDOCG)

・リパッソ製法(ヴァルポリチェッラ リパッソDOC)
発酵しているアマローネ デッラ ヴァルポリチェッラのブドウの果皮を利用、発酵が終了する前に、アマローネを抜き取り、果皮と分離、圧搾はせず、発酵を終えたヴァルポリチェッラの容器に果皮を加える、この処理で果皮の中の酵母も一緒に移り、果皮に残っている糖分をさらに発酵させ、この間に果皮から色と風味とタンニンを抽出、ワインを強めます。
ミディアムからフルボディで中程度から強いタンニン、煮込んだようなレッドチェリーやプラムの風味のワインとなります。

様々な製法でのヴァルポリチェッラ 
品種の特性を補ったり、強めたり、どのワインも個性派ぞろいです。
ヴァルポリチェッラは高価でvivoではなかなか提案できませんが、同製法で造られるワインも沢山あります。
いろんな製法、それぞれの存在理由も感じながらワインを飲む、生産者の意図も感じて頂ければまた味わいも変わるかもしれませんね。


こんにちは
松尾です。
vivo daily stand 全店では毎月15日を軸に全店舗共通のワインのラインナップを入れ替えています。
今回は12月15日からのワインのご紹介をします。


20201215MWP(見せる用)

⇑今月のラインナップです。

【PALATIUM/ パラツィウム】G400/B2500

20201215MWP(見せる用)パラツリウム
ドイツからリースリングのご紹介です。
国内最大のワイン産地ラインヘッセンの明るく飲みやすいリースリング。
ライトな口当たりにキレのある酸、天然酵母由来の優しい口当たりと特有の洋梨やシトラスの風味を
感じ、エレガントで軽いスタイルの現在のニーズを受けて開発されたモダンスタイルのワインです。
熟成から生まれるぺトロール(石油やセルロイドなどのリースリング特有の香り)も穏やか。
早飲みに適したワインです。
G400 とリーズナブルさも兼ね備えたまさにvivoらしいワインです。



【Aozora /アオゾラ】G600/B3500

青空
とても華やかな香りが特徴のニュージーランドのソーヴィニオンブランです。
”Aozora”はこのワインの爽やかな印象とニュージーランドワインをもっと親しみやすくと、日本のユーザーに向けたオリジナルのネーミングです。
最大の特徴の南国フルーツを思わせる香りを表現すべく、収穫から発酵、熟成まで丁寧に造られたこのワイン、口に含むとグアヴァ、パッションフルーツやグーズベリーのアロマとほんのりシトラス系の柑橘。香りを表現するための低温での管理からくる特徴的な青りんごの優しい風味も是非体感して頂きたいです。
綺麗で明るい酸も全体を上手に締めてくれて、満足度の高い味わいとなります。
寒いこの時期、暖かい室内でこのワインを飲むと、やさしく綺麗な香りと浸透性ある味わいに癒されます。

【Philippe Bouzereau/フィリップ ブズロー】G700/B4000

ブズロー
白の最後は高品質なシャルドネのご紹介です。
フランスブルゴーニュ、いつもは価格的にご提供できない北部の地域、コート ド ボーヌ地区ムルソーの生産者、フィリップブズローのワインです。(この地域で最も有名な白ワインを産出する3村の一つで、他にサシャ―ニュモンラッシェ、ピュリニーモンラッシェがあります。)
エレガント系ムルソーの美学を持つドメーヌが生み出す、村名ワインにも劣らない高品質のACブルゴーニュ。パリの3つ星ピエール・ガニエールでもオンリストされている有名生産者。北ブルゴーニュの味わいをこの価格で提案できるのはvivoだけかと、グッとしまった果実、樽発酵、樽熟成、MLFの特徴的な複雑味や穏やかな酸、まろやかで綺麗な熟成感、VT18 と良好なワインです。

トリブン
つづいてルーマニアからの土着品種のご紹介です。
モルドバとルーマニアの土着品種黒葡萄”フェティアスカ ネアグラを主体としたワイン
赤系果実(少しチェリーの様な酸が特徴的です)とユーカリ、バニラ、革、カルダモンや胡椒などのスパイス、チョコレートなど複雑な香り。滑らかな質感の熟したタンニンがバランスよく、ドライで飲みごたえあるワインです。
このワイン、知る人ぞ知る、エニーラの醸造家マーク・ドゥウォーキンプロデュース、ヒットメーカー
の造り出すワインはやはり、間違いないです。

バルベラ
高級産地イタリア北部ピエモンテからのワインです。
バルベラという品種、イタリア北部ピエモンテ州を原産とする土着品種で酸味とタンニン、アルコールのバランスが良いエレガントなブドウです。
このバルベラを陰干しし、エキスを濃縮したものをブレンドし、このワインを造っています。
特有の凝縮感と果実味、陰干しぶどうの強い風味とバルベーラらしい綺麗な酸味が印象的で、バランス良い味わいとなります。
”良い甘味と綺麗な酸”素晴らしいバランス感を是非!

ミラヴァル
最後はフランス、プロヴァンスの有名醸造家のラストヴィンテージのご紹介です。
ハリウッドスター ブラッド・ピットと、パーカー5ツ星生産者に選ばれた南仏屈指のワイナリー ファミーユ・ペランが共同経営するワイナリー。ロゼが特に有名で
今回ご紹介のシラーはVT13年にて生産終了のラストVTとなります。
レッドフルーツやブラックフルーツの明るい表情のフレーヴァーが広がり(この熟成期間でこのフレーバーが残っているのは良いワインの証拠です!)
フィニッシュにカカオの風味。上質なミネラルと骨格、美しい凝縮感を備えたエレガントな仕上がりです。
VT13の熟成感は全体をまろやかに、シラー特有のスパイスや土のニュアンスも上手に取り込み、まさに”円熟”を体感できる味わいとなります。

価格的にもvivoのレンジの上を行く商品、ラストVTというトピックも踏まえ、上級のワインを是非ご体感して頂きたいです。

以上が今回のワインリストとなります。
色々あったこの一年ですが、是非vivoで美味しいワインとデリで年末、年始を感じて頂ければ!
各店にてお待ちしています!








こんにちは、小竹向原店で働いてる大堀です。


これまで色んなお酒を飲んできて、一番記憶に残っているお酒がワインです。ふと振り返ると、当時のシチュエーションや味わいを鮮明に思い出せます。

ワインの良いところのひとつは、瞬間の飲んだ記憶もそうですが、年月を経ても続く余韻があります。

たまたま7年前の自分が飲んだワインの写真を見つけて、あのとき誰と何処でどんな気持ちで飲んだとか懐かしいなあと思い出してます。

facebook_1605403015129_6733548287971803935

特別高級ワインとかではなかったんですけど、そりゃもう、人生に衝撃を与えたワインでした。この体験は確実に今も活きてます。

座って仲間と1本のワインをこれうまいなーと楽しむ。

冬の赤ワインは一段と美味しいはずです。このブログを読んでくれている方も、そんなワインに出会えますように。

facebook_1605403159432_6733548893219342887

こんにちは
松尾です。
vivo daily stand 全店では毎月15日を軸に全店舗共通のワインのラインナップを入れ替えています。
今回は11月15日からのワインのご紹介をします。


02F11E07-38F6-45C4-B0CD-F9543593E7C4
⇑今月のラインナップです。

【甲州にごり】G500/B3000
3F3281FF-F28A-4248-876D-5D469DF5E15E
vivoのヌーボーといえばこの甲州です!
今年も山梨 シャトー酒折の新酒をリリースします。
果実の瑞々しさがあり柔らかく、余韻の特有の甘味と香り、綺麗なトーンの仕上がりとなります。
このにごりワインは発酵が終了したタンクの薄っすらとにごった上澄み液を加熱殺菌せずにそのまま瓶詰めしたワインです。自然の状態のワインなのでにごりの成分は徐々に沈殿し透き通ってきます。おりを舞い上げればコクのある味わいを感じます。
出来たてのにごりワインは、濾過や加熱処理をしていないので収穫したてのブドウの風味が前面に出て
とても心地よい気分になれます。

出来立ての2020VTを是非体感してみては!




【ファン ハイメ】 G500/B3000
C58C95B1-686C-40D5-8BE8-52AD2A6165A5
スペイン アンダルシアからのすこし珍しい固有品種「サレマ」を使用したワインのご紹介です。
⇓D.O.コンダード デ ウエルバ
5F4320B5-1780-49B6-90FA-D7D03191E088
グラナダやシェリーで有名なへレスなどがあるこの地方、このコンダード デ ウェルバは海辺の環境からのニュアンスが感じられ、青りんごやハーブの澄んだ香り、程良い酸味があり爽やかな印象で塩見を感じる様なミネラル感でアフターに全体を引き締めてくれる心地よい苦みが特徴です。
すっと入ってくる透明感ある浸透性は是非体験してもらいたいワインです。


【グローブミル」G500/B3000
CF94BD91-33A1-4ABE-AE4F-EB0693FF3E50
ニュージーランドより、やさしい果実とふくらみのある味わいのピノグリの登場です。
桃や梨などの柔らかい香りと口にふくむとすこしクリームのような綺麗でふくらみある味わい、ナイトハーヴェストや澱との接触期間を3か月設けていて、この優しいボリューム感を構成しています。
アフターまで平行線上に続く余韻は、季節にぴったりな味わいです。
ゆっくり味わいながら飲みたいワインです。
【ハンティングシーズン】G500/B3000
9B40318B-D4A9-4719-88B2-D4F9512C47A9
アルゼンチンと言えばの品種 マルベック主体の赤の登場です。
名前の通り、少しワイルドさを感じるイメージですが、赤系の果実が真ん中に入りすこし
ライトなイメージが綺麗なフィニッシュへとつながります。
シラーをブレンドする事による、キノコや森の風味が、この季節の料理にしっかりと寄り添って
くれます。マルベックの旨味とシラーズのスパイス感の調和、季節のデリといかがでしょうか?



【ヴィラ ノリア】G600/B3500
E6537C09-1152-41A8-8FB5-D38CAEFA3AB1

フランス南部、地中海に面した日照量豊富でしっかりとしたワインが産まれるラングドック・ルーションよりスタイリッシュなオーガニックワインのご紹介です。
日差しの多さからの完熟度の高いボディ感、しっかりとした濃度の液体なのに綺麗な飲み口は柔らかく、丁寧に作られた証拠です。
フレンチオーク由来のバニラ感と長い余韻、奥底にある甘味は地域性と品種の特徴を最大限に表現できています。
優等生なラングドックです。

【ブリス】G600/B3500
E513F3F2-A73A-4070-AC8B-3B527DE70EE6
最後はカリフォルニアからの明るくしっかりとした味わいのカベルネソーヴィニオンの登場です。
しっかりとした黒系果実(少し締まった感じのプルーンやブラックベリー)の香り、味わいは明るく
ラズベリーを煮詰めたようなジャミー感と樽由来のココアやバニラ、熟成感感じる、滑らかなタンニンと長い余韻、バランスの良いフルボディ、名前の通り「ブリス(=至福)」な一本です。


11月15日より各店にて順次販売です。
vivo各店にてお楽しみください。

grapes-3628151_1920

こんにちは、小竹向原店店長の大堀です。

さあ、あっという間に夏も終わりだけど!スカッと白ワインでスッキリしましょう!


以下、3品種の例をお伝えしまーす!
ビーボでは全店舗様々なジャンルのグラスワインを常時取り揃えております!


○シャルドネ

フランス ブルゴーニュ地方原産の代表的な白ワイン用ぶどう品種。産地、気候の違いで様々な味わいを持つ。個性がないことが個性。

こいつはある意味、誰にでも優しく、押しに弱いやつだと思ってる。場所によってコロコロと味と容姿を変え、誰にでも好かれようとする。

忘れた頃に、ばったり出くわしたとき「あなた、今度はこういうタイプに染まってしまったのね」と毎度感慨深く思う。



○リースリング

ドイツを代表する白ワイン用ぶどう品種。酸味が生命線、上質な香りを持ち、爽やかな辛口〜とろり甘口と二面性を持ちます。 サディズムとマゾヒズム、厳しさと優しさを兼ね備えるプライドが高い子。

今日の自分が何を欲しているのか、正直になれるやつ。どちらにしても、どのシチュエーションでも男女ともにモテる癒やし系ではある。



○ソーヴィニヨン・ブラン

主にフランスで栽培されている白ワイン用ぶどう品種。ニュージランドはこの品種で大成功。

とにかく、爽快なハーブやグレープフルーツのようなフレッシュ感が魅力的。 元気印の子。カジュアルにいきたい、気分転換したい、元気をもらいたい。気軽に誘えてなんでも相談できるお友達。

一生友達以上にはなれないベストフレンド。



○【北イタリア】や【ポルトガル】の土着品種

この辺は日常的に飲めるさっぱりがぶがぶ系ワインが多い印象。知り合い程度の距離感が一番美味しいぶどうたち。


いかがでしたか。 人によってぶどう品種それぞれの印象があると思います。

味わいだけでなく、少しちがった視点でワインを考えて好みを見つけていくのも楽しいもんです。 暑いときは白ワインが美味しく楽しいのだ!

↑このページのトップヘ