こんにちは
イタリア南部の広大な農業地帯 プーリア 
ここでは恵まれた気候下で大量のワイン用ブドウが栽培されています。
この地域の主体となるブドウは赤ワイン用の黒ブドウで
今回ご紹介する、プリミティーボも地域を代表する品種です

A17F2132-0EA9-4EC5-BB8D-3B5BF315220A

TRULLI/トゥルッリ G500(550)B3000(3300)
イタリア/プリミティーボ

南イタリアの溢れる果実味と口に含んだ時のまろやかさが特徴的な赤ワイン。

プリミティーボ
イタリア共和国南部のプーリアを中心に栽培されている、赤ワイン用ぶどう品種。カリフォルニアで栽培されている物はジンファンデル  とも呼ばれる。
他の品種に比べ早く熟することから、イタリア語で「最初」を意味する「プリミティーボ」と名付けられる。
また、このブドウ品種は熟し方が一様ではない傾向がある為、収穫されたブドウには時折、乾燥して干しブドウのようになった果粒も含まれたりします。
この熟した果粒からは非常にアルコール度数が高く、少しの残留糖分を有する、凝縮感を演出してくれます。

少し落ち着いたブラックチェリーや熟度を感じさせるプルーンのボリュームのあるアロマに、リコリスや白胡椒などのスパイスのニュアンスを感じます。
また反対に早熟な部分もあり、繊細な草の様な風味と酸味がボリューム感との上手にバランスを取っています。
フレッシュな果実とまろやかさ、しっかりとしたボディは飲み手の心をしっかりとつかみます。
「甘いだけではなく、バランスとストラクチャー、長い余韻とフレッシュな感触」
は是非お試し頂きたいワインです。

IGP プーリア、エントリーレベルでこのポテンシャルは生産者の底力を感じます。

おすすめです。


53A35C10-7F12-4212-BCCC-B7CB68F83D0F
B66303E3-2499-4085-AAE1-C7AE5430E08C

⇑ TRULLI/トゥルッリの名前の由来ともなったプーリア州のアルベロベッロにある、トンガリ屋根に白壁が特徴の農民家屋です。16世紀に造られたこの家屋が立ち並ぶ街は「おとぎの国」のような景観から、世界遺産に認定されています。
行ってみたいですね、、