こんにちは

vivo daily stand 全店では毎月15日を軸に全店舗共通のワインのラインナップを入れ替えています。
今回は1月15日からのワインのご紹介をします。

MWP20210115白_page-0001
⇑今月の白3種です

【Der  Neue/デア ノイエ】G400/ B2500
このデア ノイエ  ドイツワインの新酒の意味で(ドイツ版ヌーボー)歴史は古く9世紀、新酒ができると街道筋に葡萄の葉などをつるし、新酒のできたことを知らせて飲ませたという(シュトラウスヴィルトシャフト)」に始まりました。現在もその習慣はDer Neue『デア ノイエ』として受け継がれ、その年の新酒が誕生すると、待ち焦がれていたその地域の人々によって楽しまれているのです。

瑞々しくフルーティーなミュラートゥルガウの爽やかなイメージが前面に、綺麗な酸味も若々しさを演出しています。

毎年、この時期にリリースしている人気商品です。さらりと飲めるドイツの新酒、2020年の新酒の美味しさを是非!

【ELEMENTOS/エレメントス】G500/B3000
アルゼンチンの白で有名な品種と言えば、このトロンテスではないでしょうか?
マスカット オブ アレキサンドリアを片親に持ち、華やかな香りが印象的な品種です。共通のムスク(麝香)の香りが、フレッシュさやフルーティーさと特に華やかさを楽しめるタイプのぶどうです。アンデスの標高の高い畑で栽培される事が多く、しっかりとした酸を持つ事が多いのも特徴です。
このエレメントス、ゆっくり、しっかりと成熟したトロンテスからくる、
野生のローズやジャスミンを想わせる華やかで複雑さを感じるアロマと、ちょうどよい厚みのボディ、綺麗でアロマティック、やさしくまとわりつく果実はクセになる味わいです。
バランスのしっかりとれた風味と味わいなので 「華やかな香りはちょっと苦手、、」と言われる
お客様にも親しんでもらえると思います。 
アロマティック入門編ではないかと

【SIERRA CANTABRIA  /
シエラ カンタブリア】G500/B3000 
3本目はスペインから
近年のスペインワイン界を牽引するスペインワインの顔とも言えるエグレン家の手掛けるワインです。シエラ カンタブリアの特徴は伝統的なリオハワインでもなければ果実味を前面に押し出したモダンなスタイルでもなく誰にでも受け入れやすいスタイルのリオハワインです。
完熟感のある白桃やメロンなどの果実香、特に印象的なのはバニラ、蜂蜜などの甘い香りで、バランスをとるように酸味はまろやかで、膨よかな果実の香りと芳ばしい樽のニュアンスが鼻に抜けます。
丁度よい厚みのある味わいで、余韻も長く、非常にコストパフォーマンスに優れています。
価値あるリオハブランコ、一押しです!

MWP20210115赤_page-0001
⇑今月の赤

【INDOMITA/ インドミタ】G500/B3000
チリから果実味豊かなピノノワールのご紹介です。
ピノ ノワールとは思えないほどの果実味の疑縮感。その味わいはまるで煮詰めたイチゴジャムのよう!バラのようなアロマが華やかに広がります。
ボリューム感ある味わいを綺麗にまとめる酸とのバランスは素晴らしい仕上がりです。
Theチリピノ!な味わいは何度飲んでも安心感あります。


【ASUA/アスア】G500/B3000
価値ある、スペイン、リオハの赤のご紹介です。
ブラックベリー、ブラックカラント、などの少し酸味の落ち着いたイメージの香り。非常にやわらかく、スムースな飲み口。果実由来の甘みとキレのバランスがよく、こなれたタンニンの複雑味。長い余韻が特徴的です。
主役となる品種 テンプラニーリョ、印象的な青いトーンと樽熟成からくる優しいヴァニラ、良い状態のリオハを表現できています。
お手本となる味わいのワインです。

【VEDILHAN/ヴェディラン】G600/B3500
圧倒的なコストパフォーマンスを誇る南仏ラングドックの有力生産者。特別な年にのみ生産される限定リリースのシラーです。
果実味豊かで重厚な味わい。明るいイメージのカシスやスパイス等の風味が良い日差しと気候の環境下を感じさせ。しっかりとしたストラクチャー、タンニンはシルキーでバランスがよくまとまりのある飲み口です。
VT19と若いワインですが、今が飲み頃! 明るく、良いシラーを是非!




以上が今回のワインリストとなります。
2021年もvivoで美味しいワインとデリで楽しんで頂ければ!
各店にてお待ちしています!